副作用の代表的な症状が脱毛

副作用の代表的な症状が脱毛 がんの治療に使用される抗がん剤の代表的な副作用に脱毛があります。
個人差がありますが、髪の毛以外に体毛への影響が出る方がいるのが特徴です。
一定期間がたつとこれらの毛が再び生えてる事が多いですが、最初は産毛のような細いものが生えてきます。
抗がん剤は化学療法と漢方があり、化学療法で行っている場合に脱毛の副作用が発生する方が多いです。
治療中の一時的な現象ですが、気になる方は帽子や医療用ウィッグを利用するなど解決方法があります。
再生した髪は最初は色などがもともとのものと異なる場合がありますが、徐々に本来のものに戻る方が多いのが特徴です。
これらの現象は必ずしも全ての方に起こるわけでなく、個人差がかなりあります。
不安な点があれば担当の医師に相談をして治療を進めると安心です。
どのような治療を組み合わせるかによって程度が変わる可能性があります。
治療を進めていてこれらに関して対処が可能な場合が十分にあるのです。

抗がん剤の副作用で髪が抜けてしまったら帽子でカバー

抗がん剤の副作用で髪が抜けてしまったら帽子でカバー がん治療として「抗がん剤」がありますが、癌細胞をやっつける事が出来るので有効な治療ではありますが反面、様々な副作用が現れます。
その中の一つの症状に「髪が抜ける」ということがあるのですが、対処法として帽子やウイッグを用意しておくと便利です。
他人からの視線を気にすることが少なくなりますし、鏡などに移った自分自身の変わり果てた姿にショックを受けることもないでしょう。
帽子やウイッグは病院などに置かれているカタログやパンフレットからも注文が可能ですが、インターネット上には、こうした医療用ケアの用品を扱うショップがたくさんあるので一度ご覧になるとよいでしょう。
また、就寝前には「ナイトキャップ」をつけておくとまくらなどに抜けた毛が付着するのを防ぐこともできて、朝起きた時に憂鬱な気分が半減します。
抗がん剤による脱毛に関しては事前に予防策はありません。
しかし、治療を終えれば3か月ほどでまた髪の毛は生えてくるので前向きな気持ちで治療に臨みましょう。