副作用で出る症状

副作用で出る症状 現在では2人に1人が癌に罹る時代です。
なので決して他人ごとではありません。
体内に癌が出来てしまったら、手術によって癌を取り除く方法がありますが、目に見える癌を取り除いて終了という訳にはいきません。
抗がん剤を投与する事が多いからです。
体内には、目に見えない癌細胞が残っている場合があります。
また手術では取りきれなかった癌がある人もいます。
抗がん剤を使う事により、転移を防げたり癌を小さくする事が出来ます。
しかし厄介な事に副作用が出る事が多く、体調に異変が起きる場合があります。
よく知られているのは脱毛です。
全ての体毛が抜けてしまいます。
髪の毛も抜けてしまうので、帽子やウィッグを用意しておくと良いでしょう。
吐き気や下痢や倦怠感などの症状が起きる事も多いです。
副作用は個人差があり、酷い人から軽い人までいます。
辛い症状を抑える薬もありますので、過度に心配する必要はありません。
症状がつらい人は、医師に相談してみて下さい。

ストレスになる抗がん剤の副作用にどう対処するか

ストレスになる抗がん剤の副作用にどう対処するか 抗がん剤はガンを強力に攻撃しますが、正常な細胞も攻撃するために多かれ少なかれ副作用の問題がついて回ります。
味覚障害や口内炎で食べることが苦痛になったり、吐き気や下痢などの症状で苦しみ、それが大きなストレスとなることも少なくありません。

それ故に、副作用に悩まされている時は常に「もう抗がん治療はやめようか」という思いが脳裏に渦巻きます。
やめ時は大きく分けると4回あると言われています。
医師から説明を言われた時、開始から2週間ほど経過した頃、体重の減少が15%を超えた頃、一番最初に使った薬の効果が期待できず2番目の薬を勧められた時の4回です。

抗がん治療を開始して2週間ほど経った頃は一番つらい時期です。
抗がん剤の使用中に体重が減少するのは、がん細胞が正常な細胞を破壊する際にたんぱく質を奪うからです。
また、慢性的な炎症や代謝異常によって体内の栄養素が消耗するためや口内炎や味覚障害や食欲不振で十分な栄養が摂れなくなるためです。

1~2ヶ月で体力が限界となって中止となることもあれば、何年も治療が続くこともあります。